名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013春M3の感想その3

今回はインスト作品でも。

INVITATION/どれみおんたん
壮大なシンフォニックサウンドを取り入れた民族音楽作品。
スパニッシュ、オリエントなどの要素もあり、非常に異国情緒豊かな曲ばかりです。
長めの曲は、ストーリーの1シーンを描くようにリズムや曲調の変化があって良いですね~
一番のお気に入りは5曲目の「Spica」です。
笛の音によるメインメロディーがとにかく耳に残り、ノスタルジーで牧歌的な雰囲気を存分に味わうことができます!

風の棲む大地/ハイドロコタイル
こちらも初めて買うサークルさんで、初頒布がコミティアの準新作。
民族調のインストものが5曲収録されています。
そしてこれが三連符や変拍子なども含め、とにかく中毒性のあるリズムばかりなんですよ!
大好きなアコーディオンも含め、様々な民族楽器とともにメロディーが素直に耳に入ってきて、とても癒されます。

航海前夜/ハイドロコタイル
こちらが春の新譜で2曲入りの作品になります。
まさに旅立ちに向けての清々しい情景が表現されていますね~
こちらの方がシンフォニックな要素が強めな感じです。
どちらも曲を通してピアノの音が綺麗で、個々の楽器の重なり合いもすごく心地が良いものになっています。
特に2曲目の五拍子のパートが好き過ぎてやばいです!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanashisland.blog.fc2.com/tb.php/50-8bb1344c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。