名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHRONICLE/電奏楽団

choronicle.jpg
CHRONICLE/電奏楽団

年間ベストでも簡単に紹介した作品です。
以前からアニメやゲームのBGMで天門さんのことは知っていて、そちらの音楽もかなり気に入っています。
天門さんはこれより以前にも東方アレンジなんかも出しています。

天門さんの音楽の良さは、やはりストリングス、鍵盤を用いた透明感ですよね~
そしてメロディーも独特で、転調が良くあるのも特徴的です。
この作品においても天門節全開で、教会ちっくなメロディー満載です。
Tr.3、7、9は結月そらさんによる歌もので、4曲目はコーラス曲、そしてそれ以外はコーラスはありますがインスト曲になります。

Tr.2「異国夢譚」
エコーのかかったシンセ音による三拍子の曲で、ニューエイジっぽい感じがします。
とても幻想的な雰囲気で、メインのメロディーはどことなく悲しくノスタルジックです。
後半では民族楽器っぽいパーカッションも加わるのですが、ラストはそのせつない感じを引きずりながらフェードアウトしていきます。

Tr.3「My Wing Your Wings」
テンポの良い三拍子のボーカル曲。
パイプオルガン、コーラスなどによる荘厳なイントロからもうたまりません!
開放感や希望に満ち溢れる空の情景が目に浮かび、歌声、鐘や鍵盤の音がそこに溶け込むように響く感じがあります。
結月さんの伸びやかな歌声とハモリが素敵過ぎます。

Tr.4「choir op:1」
男女の多重コーラスによる壮麗な楽曲です。
コーラス間にはピアノと鉄琴などによる落ち着いたパートがありますし、激しめのハープ演奏も印象的ですね。
ふつうにヨーロッパとかの教会で流れていても違和感ない感じですが、やはり天門さんらしい転調がよく用いられています。

Tr.5「遥か遠くに道は続く」
澄み渡るとようなシンセ音の中で奏でられるピアノがたまらない曲。
曲調は暗くないのですが、やはりしみじみと心に来る雰囲気があるんですよね~
とにかく綺麗な音色、旋律を堪能できます。
アニメ・ゲームの1シーンに用いられてそうな感じもあります。

Tr.6「Ever Green」
前にも書いたのですがこの作品で一番気に入っている曲なんですよ。
3曲目同様、他の曲と比べてテンポもよく、パーカッションもリズミカルです。
この曲もピアノが主旋律を奏でているのですが、少し遅らせて音を刻んでいたりするのが特徴的です。
またそのピアノに重なるように流れるピチカートやシンセ、そしてバックでのキラキラした音やコーラスが綺麗ですね。
曲調自体は明るく清涼感溢れていて、けっこう同じようなリズムの旋律が繰り返されているようではありますが、たび重なる転調がくせになりかなり中毒性がある曲です!

Tr.7「讃美歌(アンのテーマ)」
スローテンポの日本語歌詞による讃美歌です。
壮大なオーケストレーションの伴奏、しっとりとした綺麗な歌詞、そして柔らかな結月さんの歌声が本当にふつくしいと言わざるを得ません。
やはりこの曲もピアノやキラキラパーカッションが良く響いていて心地いいんですよね♪

Tr.9「ただいま」
子供の頃の夕暮れ時を歌った曲で、イントロ・アウトロでは虫の声が流れます。
ゆったりとした民謡っぽい雰囲気で、懐かしさやせつなさといった感情に襲われます。

アニメやゲームで天門さんのことを知らなくても、とにかく綺麗な旋律、教会音楽などが大好きな方にはお勧めな作品です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanashisland.blog.fc2.com/tb.php/39-1730c571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。