名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のベスト的な何か

年も明けたことだし2012年によく聴いた作品をピックアップしていきたいなと思います。
基本的には2011年の冬コミから2012年の冬コミ直前までに頒布された作品を中心に選んでいきます。(多少例外もあり)
買った作品も一昨年に比べて増えたので、以前書いた2011年ベストよりも多くの作品をあげたいなと思います。
HDDの中整理して入れなおしたりしていたので、itunesの再生回数とかも当てにならない所もありますが、基本的に再生数と勝手な主観で選んでありますw
ラスエフとかやってたらもっと統計とりやすかったりするんでしょうがねw
まあ去年と似たようなつまらないベストかもですが、それでもよろしければ以下続きを読むから。


まずは再生回数が多いのが全て、もしくはほとんどというのを基準に作品単位で選びました。
相変わらずの簡単な紹介で申し訳ないです。


fullhead.jpg
Full Course/三ツ星☆リストランテ
実は2011年の春に初頒布なのですが、手にしたのは去年の春なのですし、すごく印象的だったからいいよねってことで選びました。
クオリティ的にはまだまだなところがあるかもしれませんが、メロディセンスは抜群だと思います。
スローテンポの曲から疾走感のある曲まであり、耳に残り繰り返し聴きたくなってしまう曲ばかりです。
マイナー調で哀愁漂うメロディーとインパクトのある歌詞と世界観がくせになりますね。

特に気に入っているトラック:フルコース絶版ロマンスDisturebed Longing廃墟塔の少年


040030021296-1p.jpg
crimeneige-白吟の妖精-/GILDIA
そうです、また今回もGILDIAの作品ですよ。
個人的には、重すぎず軽すぎずでクサメロの多いGILDIAの楽曲がすごくしっくりくるんですよね。
12曲のボリュームでこの1枚でもうお腹いっぱいですw

特に気に入っているトラック:Tragic sanctuaryFreesiaNoble wind夜明けのアポロジィ


cd_04.jpg
騎士エメラルド/Paradise Eve
聖少女三部作これにて完結。
多重コーラスによる壮麗な3つの大曲、1作目からのアレンジ「楽園追放論」によるカタルシスまでの流れが素晴らしい。
そして天使語の冊子を見ながらまた1stから聴き返すんですよ。
おそらく去年一番聴いたと思います。
ただ惜しまれるのはライブに行けなかったことorz

特に気に入っているトラック:全部


040030016759-1p.jpg
忘郷少女とアストロラーベ/VAGUEDGE
メタル系の楽曲や東方アレンジの印象があったサークルさんの作品で、オリジナルインストものです。
物語に沿ったサントラ風のCDですが、ストーリーについての解説は多くなく、タイトルと曲でそれを感じ取っていくといった感じですね~
インスト曲ですが1曲ごと印象やメッセージ性といったものが強く、キャッチーなフレーズがとても多いです。
民族調・ヒーリング・幻想的といった音楽好きにもたまらない作品で、ぜひともさらにストーリーや世界観が知りたくなる一枚でもあります。

特に気に入っているトラック:風の往く侭に・ウィーカ=シーロットの陽炎きみと、ともに果てなき星海、果ての地平線


Le petit bois/Clinochlore
アトリエシリーズのBGMを担当している柳川和樹さんとボーカルの森野木々さんのユニット。
まず「blind world」とかいう疾走チューンの中毒性はなんなんですかねw
もうやたらループして聴いていましたw(もちろん今も)
他の曲はゆったりめのが多いですが本当に心の癒しです。

特に気に入っているトラック:La memoire que j'ai oublie暗闇と灯りと曖昧な輪郭についてハナフルサトblind world


040030039716-1p.jpg
Le Bijoux/清風明月
毎年すごく楽しみにしている清風明月の作品で、今回はまたメルヘン・ゴシックな雰囲気です。
曲もいつものDropさんでもう本当にありがとうございます!!といったところ。

特に気に入っているトラック:全部


040030069326-1p.jpg
Valkyrie Rose/GILDIA
またまたGILDIAのCDで申し訳ないのですが、好きだからしょうがないですよねw
ボーカルが悠季さんに代わりましたが、作風自体は変わっておらず、悠季さんの声も非常にマッチしています。
個人的にですけど、緋弦の薔薇とElegant Criesは全GILDIAの楽曲の中でもトップクラスに気に入っていているんですよ。(ちなみに一番はアドニスの贖罪)
GILDIAもライブに行けなかったのが非常に悔やまれます。

特に気に入っているトラック:緋弦の薔薇希望ノ在処FortissiaElegant Cries


choronicle.jpg
CHRONICLE/電奏楽団
アニメ・ゲームなどの商業音楽で活動されることの多い天門さんのCDで、結月そらさんも歌唱で参加されています。
新海誠さんのアニメやefが好きなので、そこから天門さんの曲にはまりました。
天門さんの曲は音色や曲調が特徴的ですぐわかるんですよねw
透明感のある教会音楽っぽい感じの曲が多く収録されていて、以前チェックリストにも書きましたがefが好きな人はきっと気に入ると思います。
特にEver Greenはこれぞ天門節といった感じですごく好みなんですよ。

特に気に入っているトラック:My Wings Your Wingschoir op:1遙か遠くに道は続くEver Green


2500020254486.jpg
月と少女/すかいあ
以前も紹介しましたすかいあのCDです。
えむさんとちきんぐさんの曲が本当に素晴らしく、始めはその2曲ばかり聴いていましたが、他の曲もスルメ曲で今では作品通してよく聴いています。
とにかくみちるさんの歌声と世界観も好きすぎてやばい。
それをまた伝えたかっただけです。

特に気に入っているトラック:月の歯車夜明けの丘


giren4.jpg
偽恋埋葬録/三ツ星☆リストランテ
春一番の衝撃だった三ツ星リストランテの新作です。
今回もくせになるメロディー満載で、ネガティブで怖いぐらいの歌詞もすごく印象的です。
やはり1stから聴くと楽しめるところもあり、両作品合わせて非常にお勧めしたいです。
去年はこのサークルに出会えて本当に良かったなと思いますし、これからの活動もすごく楽しみです。

特に気に入っているトラック:Reaperかくされんぼ流離う慢心


次点

片翼のロマンシア/Ariabl'eyeS
はじまりの歌声/Meno
Sky Notes/エゾギク
Emilia ~the Last Chapter~/Roman so Words
Lycoris/Roman so Words
SOLROS/Grand Thaw
カンパニュラの花片/Minstrel Fantasy -吟遊詩人の幻想歌-
Iron Girls' Power E.P./Satanic a la mode
Chronostasis/Utopimania
Reflection/虹結び/エゾギク

ロマソワは安定して好みなのですが、リコリスは特にお気に入りです。
それとエゾギクさんの曲もかなりつぼなんですよね~
これからが非常に楽しみな新規サークルさんの一つです。


以下は上記以外の作品で印象的かつ再生数が特に多いものを単曲でピックアップしてみました。
上の作品に負けず劣らず良く聴いた曲ばかりです。
1曲入りのCDなんかもこちらで書いてあります。

Bottle Gourd/ArsMagnAPhantasmagoriA Ⅰ」より
白き祈りの交響曲/AYUTRICA白き祈りの交響曲」より
Stolz/ResoneciaGebet」より
PEЯSON∀/Sound CoutureHiver」より
運命の邂逅-オアシスの町エトラ-/うたのは渡り鳥のリン」より
そらいろ/スズメチューンオムレツ」より
マキアート/Ribbon Citronシャルロット・キャトルのジョハリの窓」より
神話龍燈/seraph神話龍燈」より
幸せの迷路/無名の群れそらもよう」より
心奥の緑/airy birdairy」より
Panina Manina/CaЯpe:D!emPanina*Manina」より
Moulin Rouge/CrimsonBootsSTAR DUST BOX」より
夜凪 -yonagi-/ferhallentソラ」より
Drei Lichter/ResoneciaLeben von Rosen」より
夢見ノ為ノ深紅少女/seraph夢見ノ為ノ深紅少女」より
ピリオド/Starry GardenQueen -Schwarz Traum-」より
スターマイン/Talenekoほしぞらものがたり」より
誰かの旅路/すたじおげいほEuphony」より
深海の涙/ヒメゴト。深海の涙」より
liberation/みさきんぐだむ2012秋M3無料頒布CD」より

とこんな感じです。
本当は1曲ごといろいろと語りたいですがここでは割愛。

以上あまり文章自体は書いてないですが、去年の個人的なベストでした。
今回かなりの数選んでしまいましたが、それでも絞るのにだいぶ苦労しましたw
そして紹介したい作品はまだまだたくさんあるので、それは個別記事にでも。
まだ買ってなかったり、書き逃した作品・曲もあるかもしれません。
ここまで自己満記事を読んでくれた方々、ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanashisland.blog.fc2.com/tb.php/34-2c342ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。