名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソラ / ferhallent

sora.jpg
ソラ/ferhallent

塵屑れおさんと柳川和樹さんのユニット、ferhallentのCD。
この作品ではTr.1.2を柳川和樹さん、Tr3.4を塵屑れおさんが作曲を担当していて、それぞれボーカルものとインストもの1曲ずつです。

Tr.1「夜凪 -yonagi-」
悠花さんによるボーカル曲。
電子音が多用されていたり、エフェクトのかかったボーカルがあったりとエレクトロニカ要素が強いです。
サビではせつなく叙情的なボーカルメロディーが前に出てきて、それまでの浮遊感のあるアンビエントな感じからまた違った雰囲気になります。、
特にサビのメロディーはすごく好みなのですが、それまでの雰囲気からの展開があってこそだなと感じますし、全体を通しても非常に変化に富んだ楽曲です。
変則的なリズムが所々で用いられたりして、なんともいえない不思議な雰囲気に満ち溢れています。

Tr.2「朝凪 -asanagi-」
ゆったりとしつつも壮大な雰囲気のインスト曲。
ストリング系の音の中でピアノの音色が優しく奏でられます。
途中で子供の声や水の流れる音もあり、景色の変化といったものも感じられます。
空の爽やかさと開放感溢れる曲ですね。

Tr.3「孤空 -kozora-」
南條あきらさんによるボーカル曲で、ささやくような優しい歌い方をしています。
1番はピアノと電子音で静かな感じなのですが、2番からは音色も増えストリングス系なども加わって壮大な感じになります。
そしてラストのサビでは一層の盛り上がりを見せますし、2番後の間奏から加わるコーラスもそれを引き立てています。
メロディーラインは繊細かつ綺麗で、せつなく悲しげでもあり、心に響くものがあります。
この曲も変わったリズムや変拍子がすごく印象的で、6分程度と曲も長めでスローテンポなのですが、飽きさせない構成になっています。

Tr.4「灰空 -haizora-」
アンビエントなインスト曲です。
キラキラとした音もありますが、様々な電子音の中の寂しげなピアノが、曲名通りなんとなく暗く寂しい世界観を表現しています。

普段はあんまりアンビエントとかエレクトロニカ系の音楽は聴かないのですが、柳川和樹さん所属のClinochloreの曲がすごく気に入ったのでこちらも購入してみました。
御二方とも音作りがすばらしく、秋の作品感想では触れませんでしたが、気に入っている新譜の一つですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanashisland.blog.fc2.com/tb.php/21-9429e6f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。