名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aly*Ta / SOLSTiTiALIS

AlyTa.jpg
Aly*Ta/SOLSTiTiALIS

SOLSTiTiALISの1stミニアルバムでフルボーカルCDです。
通常のアルバムは歌ものと語りによる物語楽曲なのですが、こちらは様々な歌を詰め込んだ小曲集的な感じになっています。

Tr.1「Fatal Fable」
ほど良いテンポと民族+ファンタジックな雰囲気の三拍子の曲。
アコースティック楽器やパーカッションのリズムがとても心地よいですね。

Tr.2「revelation」
作曲の方が異なるので、SOLSTiTiALISの楽曲の中では珍しい、ギターやドラムが目立つ疾走感のあるロックなナンバー。
ロックとしては音が軽くて厚みがないのが気になりますが、曲調はアニソン風で聴きやすいです。

Tr.3「命の歌声」
ボーカルメロディーがリズミカルながらも、どことなく悲しく儚げなミドルテンポの曲です。
オーケストレーションの中でオルゴールなどのキラキラした音が良く映えます。
ファンタジー要素も強いです。

Tr.4「僕時々、うわの空」
軽快なシンセ音とかわいらしい歌声によるノリの良いポップスです。

Tr.5「蝴蝶」
2曲目と同じコンポーザーが担当しているロック。
中華風楽曲の要素を取り入れつつも、やはりサビはアニソン風だなと感じます。

Tr.6「PLANETARIUM-テンショウギ-」
CDの中で一番のキラーチューンは何と言ってもこの曲でしょう。
1stアルバムに収録されていた「天象儀」のアレンジバージョンで、オーケストレーションの音色が増えて原曲よりも壮大な伴奏になっています。
ボーカルメロディーは非常に耳に残るせつないバラード調で、キラキラした鍵盤の音とともに、幻想的かつシンフォニックな演奏の中で響きます。
聴いていると曲名の通り、満天の夜空の光景を思い浮かべることのできる楽曲です。

Tr.7「toxic×trick-Aly*Ta.Version-」
3rdアルバムからの先行収録の曲のようです。(SOLSTiTiALISのCDはアルバムのナンバーとリリース順がバラバラ)
パイプオルガンやチェンバロ、ストリングスを用いたゴシックかつファンタジックな雰囲気の曲です。
プログレっぽい感じもあり変拍子やシンセ音などが特徴的ですし、リズムはジャズっぽくもあります。

荒削りな面もありますが、個人的には曲調重視なのでそこら辺はあまり気になりませんね。
前に紹介したCrystal Sphereと同様に世界観が気に入っているサークルの一つです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanashisland.blog.fc2.com/tb.php/16-52c41099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。