名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終焉の記憶 / Diclofenac

syuennokioku.jpg
終焉の記憶/Diclofenac

1年半ぶりのジクロの作品。
前作からの雰囲気や世界観を踏襲しているんですが、メロディーセンスが格段に上がっている感じがしますね。

Tr.1は1曲目へと繋がる短いインストもの。
鐘の音や水の効果音がどこかのどかな雰囲気が出てますね。

Tr.2は三拍子の幻想的な楽曲で、パイプオルガンとコーラスワークにより、中世の教会、宗教的な讃美歌風に仕上がってます。
後半はギターも加わり、次の楽曲への繋ぎとして、ダークな雰囲気を徐々に醸し出していきます。

Tr.3はタイトル通り、退廃的な世界で絶望を叫ぶというアグレッシブかつダークなロックナンバー。
造語を使った透き通るようなコーラスとオルガン、ストリングスを用いた長めのイントロから、チェンバロが加わってサビに入るところはもう本当に最高ですね。
深淵から何かこみ上げてくるようなパワフルな歌声にはぞくぞくさせられます。

これまた壮麗なコーラスから展開されるのが4曲目。
少し梶浦節っぽい感じのする三拍子の切ないA、Bメロがそのまま続くのかと思いきや、サビでは爽快感のあるポップス調になり、バックコーラも相まって非常にノリも良く盛り上がるナンバーとなっています。
クラシカルな間奏もずっと聴いていたいぐらい心地よく響き渡っていて、チェンバロ大好きな自分にはたまりません!
3曲目でもそうなのですが、サビからの曲調・雰囲気の変化・対比や、ファンタジック・ゴシックなサウンドと生楽器を用いたロックサウンドの融合が素晴らしいですね。

J-POP調のキャッチーなメロディーをバンドサウンドとストリングスでアレンジした5曲目はこの作品の中でも一番気に入っている曲です。
何と言い表せばいいのか分かりませんが、とにかく全てのパートが好みで、激しく転調するサビが至高です!(とにかく視聴をおすすめ!)
間奏のギターパートもすごく熱いですよ!

スポンサーサイト

M3お疲れ様でした

M3に参加された皆様、お疲れ様でした!
台風が心配されましたが、何とか避けてくれたようで、当日は非常に過ごしやすい天候だったんではないでしょうか。

私は始発の新幹線で東京へ出発し、浜松町のマックでお知り合いさんたちと合流。
その後、会場に向かい初めて第2展示場の待機列に並びました。
というのも、今回、無料配布が第2展に集中してたんですよね~。
でも圧倒的に第1に並んでる人の方が多く、こちらから並んだのは少数派みたいでしたw

開場後は、第2展をさくっと回り第1展へ。
早めになくなりそうなのを回収した後、1と2を往復しながらまったりと買い物をしました。
いつも通り、逃したものもいくつかあって残念でしたが...

また、今回は知り合いも増えたり、サークルの方たちともお話する時間が増えたのは嬉しかったです。
次のイベントがますます楽しみになりました。

以下戦利品

P1030350_convert_20131102003905.jpg

P1030346_convert_20131102004155.jpg

P1030342_convert_20131102004304.jpg

P1030347_convert_20131102004031.jpg

仕事に追われて聴いてる時間ないわ、普段使っていたパソコンのHDDが壊れて全くインポートできないわで泣きたい日々が続いていますが、ちょっとずつでも開封できたらなと思います。

それではノシ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。