名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013春M3の感想その4

縫と綴/市松模様
amorphousのボーカルさんとして知っていた市松椿さんの初のソロ作品で、昭和を舞台としたレトロでノスタルジックな曲が収録されています。
大好きな東方アレンジャーの鯛の小骨さんが参加されてるのも嬉しいですね。
Sebastianさんの優しいピアノポップス、どことなく退廃的な感じがする折倉さん、とりPさんの楽曲も良い感じです。
そして個人的には、視聴の時から気になっていたりでるさん作曲の「あるべき場所」が素晴らしい出来だと思うのですよ。
イントロのコーラスから一気に引き込まれ、幻想的で透明感ある伴奏、切ないメロディー、歌詞がこれでもかという程マッチして、素敵な世界観を醸し出しています。

Tender Green/stretta di mano
月子さんの色をコンセプトにシリーズの新譜で、今作は緑ということで爽やかで温かみのある楽曲多めです。
一番のお気に入りというか目当ては4曲目のDrop。さん作曲の「願い森の伝承」です!
葉月ゆらさん以外と組んだのはかなり久しぶりになるんじゃないでしょうか・・・
爽快感溢れる三拍子の民族調で、Drop。さん特有の哀愁メロがいつも通りの中毒性をもたらしますねw
神秘的な造語楽曲の3曲目は、ハモリがとても美しく耳が幸せになりますし、凪佳二さんとのデュエット曲で、クラシック要素の強い5曲目も異彩を放っています。

サクラ オモイ/Ontama
珠梨さんの1曲入りのシングル。
切ない思いを歌った和風ポップスで、本当にこういう曲調に弱いんですよね~
途中にセリフを歌ったパートがあるのも特徴的です。
いろいろ同人音楽聴いてきましたが、桜の情景を歌った曲って良い曲ばかりで、印象的なものが多い気がします。

スポンサーサイト

2013春M3の感想その3

今回はインスト作品でも。

INVITATION/どれみおんたん
壮大なシンフォニックサウンドを取り入れた民族音楽作品。
スパニッシュ、オリエントなどの要素もあり、非常に異国情緒豊かな曲ばかりです。
長めの曲は、ストーリーの1シーンを描くようにリズムや曲調の変化があって良いですね~
一番のお気に入りは5曲目の「Spica」です。
笛の音によるメインメロディーがとにかく耳に残り、ノスタルジーで牧歌的な雰囲気を存分に味わうことができます!

風の棲む大地/ハイドロコタイル
こちらも初めて買うサークルさんで、初頒布がコミティアの準新作。
民族調のインストものが5曲収録されています。
そしてこれが三連符や変拍子なども含め、とにかく中毒性のあるリズムばかりなんですよ!
大好きなアコーディオンも含め、様々な民族楽器とともにメロディーが素直に耳に入ってきて、とても癒されます。

航海前夜/ハイドロコタイル
こちらが春の新譜で2曲入りの作品になります。
まさに旅立ちに向けての清々しい情景が表現されていますね~
こちらの方がシンフォニックな要素が強めな感じです。
どちらも曲を通してピアノの音が綺麗で、個々の楽器の重なり合いもすごく心地が良いものになっています。
特に2曲目の五拍子のパートが好き過ぎてやばいです!

2013春M3の感想その2

そして、再び、廃墟塔/三ツ星☆リストランテ
以前ブログでも書きましたが前作、前々作がすごくお気に入りだったので、この作品もイベント前からかなり期待していました。
そしていざ聴いてみると、やはりドストライクで作品通して良く聴いてます!(試聴の段階でわかってましたがw)
疾走感のある曲からしっとりバラードまで収録されていますが、どの曲も哀愁漂う泣きメロがタマリマセンワー
今回は特に甲乙つけ難いですね~ これからどんどん聴きこんでいきたいです♪
最初と最後のトラックはドラマパートで、Full Courseの楽曲がオルゴールでBGMとなってます。もちろん曲は...
今回は初の店舗委託もされるようなので、この機会にぜひ!

Panorama Image/Caprice Cafe
去年の秋M3直後に知ったサークルさんで、今回大人買いしてしまいました!
この作品は2月のコミティアが初頒布らしく、準新作になるようです。
他の作品でも言えるんですが、とにかく曲調や雰囲気がバリーション豊かながら良曲ぞろいなんですよね~
明るく爽やかなポップスが多めではありますが、その中でもどことなく切なさを醸し出している7曲目がすごく好みです。
2曲目はファンタジック、メルヘンチックな要素を少し匂わせる三拍子です。
ブルースとかジャズっぽい感じの5曲目は、ハーモニカっぽい音が特徴的で、ノスタルジックでレトロな雰囲気に浸れますね。
そしてなんといっても超絶キラーは6曲目の「Invisible Sense」で、疾走する哀愁メロはどこか懐かしい感じがします。
ぜひ御試聴あれ!

さくらフラグメンツ/Caprice Cafe
次回アルバムの先行シングルだそうですで、ボーカル曲2つとインスト曲1曲が収録されています。
1曲目は後半以降の切ないラストパートの流れや構成が実に素晴らしい!
インスト曲はゆったりめで、のどかな和風っぽい感じと郷愁感が漂っており、綺麗な情景が目に浮かびます。
5日のコミティアでも頒布するみたいですよー

2013春M3の感想その1

少しずつ新譜を聴きがてら、気に入った作品の簡単な感想を書いていきますよー

ヴァルプルギスの夜の夢/葉月ゆら
甲斐ゆうさんは個人サークルでの活動を一旦休止するとのことでしたが、早速アルバムにコンポーザーとして参加してくれて嬉しい限りです!
それにボーカルは葉月ゆらさん、ギターに上月幻夜さんという完全に俺得な組み合わせ。
Land-You、清風明月、Kleioの3サークルは、同人音楽(オリジナル)を知った極初期に聴いていたので、御三方ともすごく思い入れがあるんですよね。
もちろん作品内容も、甲斐さん得意のゴシックサウンドに葉月さんの歌声がマッチして素晴らしいことこの上ないです。
某有名クラシック曲の引用があるタイトル曲は、バックの妖しげな笛の音色と疾走感が良いですね。
5曲目はノリの良いリズムとクサいメロディーがくせになり一番のお気に入りです。
6曲目はParadise Eveっぽいコーラスワークが最高で、この部分だけでもずっとループして聴いていたいですw
コーラスと転調で盛り上がるラストサビもグッド!

くれなゐ結び/桜鬼/Calvaria
ずっと聴きたいと思っていた、エイプリルフール企画で期間限定公開された曲がついに聴けることに!
a_hisaさん作曲の和風ポップス2曲入りで、どちらもキャッチーながら切なく哀しげなメロと、キラキラとした和楽器が綺麗に響きわたります。
Calvariaの作品の中で一番のお気に入りになるかもですw
サークルは違うのですが、同じくa_hisaさんの和風楽曲ではこちらも非常にお勧めです。

Kyrie/airy bird
作曲は同じa_hisaさんなのですが、これまた違った雰囲気のairy birdの3rd。
1曲目はアップテンポのロックで、Bメロからの盛り上がり、アニソン調サビがかっこいいですね~
全体を通して荒ぶるピアノも印象的です。
2曲目は前作のairyの楽曲に少し近いものを感じる、三拍子のスローテンポの曲です。
シンフォニック系と民族系の楽器による伴奏、クラシカルで教会音楽っぽいメロディーです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。