名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Luna Chantez / Stephanotis

LunaChantez.jpg
Luna Chantez/Stephanotis

春海ちかげさんの2ndシングルで、3曲入りのボーカルものです。

Tr.1「Oltremare」
イントロは波の音と足音、アコギの演奏で、それに続くボーカルメロディーが落ち着いた優しい展開を見せます。
その後はストリングスやパーカッションなども加わり少し壮大な雰囲気になり、マンドリンやシャーナイ?と思しき音など民族楽器が多様されています。
曲調は明るいポップス調で清涼感に満ち溢れており、歌われている情景も本当に綺麗で、物語の幕開けにぴったりといった感じです。

Tr.2「夢みるように」
おしゃれで軽快なポップスです。
ジャズっぽいリズムとメロディーで、曲調はなんとなくちょっと昔のJ-POPにありそうだなと感じます。
ブラスやピアノ、ビブラフォンっぽい音色がリズミカルに奏でられています。
トランペットやピアノのソロの部分も良いですね。

Tr.3「Luna Chantez」
ゆったりとした三拍子で、透き通るような明るいメロディーです。
この曲も歌詞がとても美しく、前向きな気持ちになります。
そしてやはり作品のラストとしてカタルシスというものも十分に感じられる曲です。
温かく包み込むようなコーラスも素敵です。

ちかげさんの歌声は安定していて癖もなくスッと耳に入ってきますし、美しい世界観をうまく表現して歌いあげているなと実感します。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。