名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Panina*Manina / CaЯpe:D!em

PaninaManina.jpg
Panina*Manina/CaЯpe:D!em

雅彌ちはやさんの個人サークルの1stCD。
読んだことはないですが、ヨースタイン・ゴルデルという人の小説をモチーフにしているようです。

Tr.1「Nati Nati...」
オルゴールによるインスト曲です。
誰かが部屋に入ってきてネジを巻く所から始まります。
短いですけど耳に残る非常に情緒的な旋律で、これのロングバージョンがぜひとも聴きたくなってしまうところです。

Tr.2「Cirque de Noir」
メルヘン・ファンタジックな三拍子の曲。
アコーディオンやキラキラとした音なんかもかわいらしくて良いのですが、それ以上にダークな雰囲気が前に出てきていますね。
曲調自体もそうなのですが、特にバックのストリングスがちょっと不協和音気味で、癖になるとともに不安定な気持ちにさせます。

Tr.3「Panina Manina」
タイトル曲ということもあり作品の中では一番盛り上がるナンバーです。
クラシカルな楽器による伴奏、ゴシックかつファンタジーなメロディーと自分が好きな要素が詰まっています。
曲調はすごく好みなのですが、伴奏に対しボーカルが少し弱いかなと感じます。

Tr.4「Sankthans」
交差するようなハモリがとても美しく印象的な曲。
どこか西欧風な感じのある民謡風・民族調のメロディーで、ノスタルジックな気分に浸ることが出来ます。

Tr.5「Aurora」
スローテンポの民族・幻想的な三拍子の楽曲です。
温かなハープや笛の音色と郷愁溢れるメロディー、歌われる情景がよくマッチしています。
最後はラララ~というコーラスでフェードアウトしていくところも心に沁み渡りますね。

Tr.6「真夜中のサーカス~Daydream ver.~」
2曲目のピアノバージョンです。
こちらの方が落ち着いた感じはありますが、ダークで幻想的かつ不思議な雰囲気を同様に味わえます。

以前から知っているちきんぐさんが作曲で参加される(Tr.4)とのことで知ったのですが、他の作曲家の方々は初めて知る人ばかりで、新たに出会えてよかったです。
特に、個人的キラーな3曲目を担当されたMameさんの曲をmuzieで視聴してみたところ、バリバリのゴシック曲が多くもろ自分好みでした。
ボーカルのちはやさんは、1stということもあり少し拙く不安定な所もありますが、こういった世界観は大好きなのでこれからの作品も楽しみです。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。