名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Synesthetic metaphor / PHANTAS-MAGORIA

synestheticmetaphor.jpg
Synesthetic metaphor/PHANTAS-MAGORIA

emiさんの1stアルバムです。
ロックをメインとしたフルボーカルCDで、12曲入りとボリュームもあります。
ジャケットを見るとGILDIAかと思いますが、こちらの方が先にリリースされた作品ですし、SHIKIさんも参加されています。(Tr.2.4.5)

Tr.1「W/Z」
一昔前のJ-POPのようなV系のような感じの曲なのですが、非常に耳に入りやすくて良いですね。
Bメロでボーカルにエフェクトをかけてダークな雰囲気にしてから、サビではまた盛り上がるという構成です。
ただサビ等ではもう少しギターの伴奏を押さえぎみにして、ボーカルメロディーをしっかりと聴きたいなという気持ちはありますね。

Tr.2「MEMORIES」
シンセ伴奏のゆったりとしたサビから始まり、その後ギターやドラムが加わり一気に疾走します。
非常にキャッチーなメロディーで中毒性がありますね。
ところどころに入るチェンバロのような音も素敵です。
曲調や音色はGILDIAの曲に少し通じるものがあります。

Tr.4「箱庭の庭園」
ミドルテンポのポップスです。
シンセ系を中心とした楽器により、どこかフワフワとした幻想的な雰囲気が出ています。

Tr.5「君に捧げる恋の歌」
出だしは2曲目同様の構成で、1フレーズのサビの後疾走するという感じです。
シンセとストリングスの音が心地良いメロディアスな曲で、どことなく透明感もありますね。
SHIKIさんの個人サークルでの曲のように、トランス系の要素が強く感じられます。

Tr.6「Lost Cage」
ベース等の重い音は出ていますが、様々なシンセ音が多く用いられていれるのが特徴的です。
ベタかもしれませんがアニソンっぽい曲調と程よいテンポが個人的なツボを抑えた曲です。
バックで流れる笛のような音も印象的ですね。

Tr.7「Winter snow day」
アルバムの中では最も明るい曲調のナンバー。
サビなどではシンセ音が効果的に用いられて、冬の透明な空気感がよく表れているなと感じます。

Tr.9「Grungelizer」
アニメやゲームのOPにありそうな感じのロックで、AメロBメロからサビまでの流れや、ブリッジなどを含めた全体的な構成もそれっぽいです。
アニソンも大好きな自分としてはかなり好みのメロディーラインですね。
独特なリズムが所々で使われてるのも特徴的な曲です。

emiさんの歌声は安定していて力強さもあり素晴らしいです。
気に入っている曲が多く、なんだかんだで最も聴いているアルバムの一つです。
けっこう前の作品ですが、夏コミで2nd頒布と同時に再販もされたので入手しやすくなっています。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。