名なしの孤島

同人音楽を中心に日々を綴っていくつもりのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fairy Tale Zwei ~Prologue~ / twinkle*twinkle×Dropの小屋。×Soranetarium

fairy tale zwei
Fairy Tale Zwei ~Prologue~/twinkle*twinkle×Dropの小屋。×Soranetarium

前の記事で紹介した「FAIRY TALE」に続く「Fairy tale zwei ~another story~」のプレビュー版だそうですが、結局現在まで完成版は頒布されていません。
なので比較はできませんが、おそらくほぼ完成版と遜色ない出来であろうと思うくらい、クオリティは確かなものです。
今回は前作2曲目の作詞をしていた結月そらさんが、新たなボーカルとして加わっています。

Tr.1「鏡構の果実」
坂上なちさんがボーカルの曲で、前作の1曲目同様ゴシックやファンタジー、クラシックなどの要素を詰め込んだ楽曲になっています。
ほどよいテンポとリズム、そしてストリングスやチェンバロ、シンセ音、アコースティック系楽器の組み合わせがたまりません♪

Tr.2「Le Jardin De La Fée」
こちらはゆったりとした三拍子のインスト曲になります。
雨音のような効果音とともにエコーのかかったハープ?のソロ演奏で幕を開け、弦を弾く音がすごく綺麗です。
途中からバイオリンも加わり、せつなく繊細なメロディーが響き渡ります。

Tr.3「或る国から伝えられた詩」
結月そらさんボーカルによる三拍子の曲で、結月さんの歌声はやはりこういった民族調の曲に良く合うなと実感します。
アコースティック楽器をメインとした音色が素敵で、とくに前奏や間奏、後奏でよく生えます。
歌詞やメロディーからファンタジックな世界観がよく伝わってくる1曲になっています。

Tr.4、5にはTr.1、3のoff vocal versionが収録されています。
そして前述の通り、この作品の完成版はまだないですし、これから先頒布されない可能性もあります。
個人的には前作と合わせこの作品がすごく気に入っていたので、ぜひともさらなるシリーズ化をして頂きたかったなと思っています。

スポンサーサイト

FAIRY TALE / twinkle*twinkle×Dropの小屋。

fairy tale
FAIRY TALE/twinkle*twinkle×Dropの小屋。

現在葉月ゆらさんとのタッグで清風明月の作曲担当をしているDropさんと、東方アレンジによく参加している坂上なちさんによるCD。
実はこの作品が私が同人音楽(オリジナル)にはまるきっかけでして、かなり思い入れがあります。
「東方バロック紀行」というDropさんの東方アレンジCDがかなり気に入ったので、その繋がりでこのCDを知るに至りました。

Tr.1「箱庭ロンド」
ゴシックっぽいメロディーを取り入れつつも、清風明月の曲のようにダークな感じはそれほどなく、ファンタジーポップス的要素のあるミドルテンポな曲です。
全体的を通してのストリングスを中心とした伴奏により、非常にクラシカルな楽曲にもなっています。
間奏のブラス系楽器の演奏が終わると、ラストサビでハープによる静かな導入から徐々に盛り上がっていくという流れも良いですね。

Tr.2「uncserie nihec」
日本語で「天の裁き」という曲名らしいですが、歌詞もググったけど何語が結局分からなかったですorz(造語かも)
伴奏はオルゴール(鉄琴かも)オンリーで、クラシカルな曲調や歌詞も悲しげでキリスト教などの宗教音楽を彷彿とさせます。

Tr.3「光のゆくさき」
こちらはアコースティックな民族楽器を多用した三拍子の曲です。
情緒的なメロディーや歌詞に、坂上なちさんの温かみを持った歌声がマッチして心に響きます。
間奏のアコーディオンや笛のパートも素敵です。

Tr.4~6はoff vocal versionなのですが、Dropさんの曲は用いている楽器やその組み合わせが本当に心地よいのでこちらもおすすめです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。